MENU

唾は…。

唾は、いかにも酸っぱそうなものや、美味しそうな食べ物を目にしただけで自然に出てきますが、実はむし歯や歯茎の歯周病を予防するのに役立つのが唾です。
例え大人になっても永久歯は虫歯になりますが、乳歯は性質上、永久歯に比べ酸への耐性が劣るので、毎日の歯磨きをさぼると、乳歯に巣食ったむし歯はすぐに重症になってしまいます。
 
カリソルブという薬剤は、平たく言えば「科学技術の力によって虫歯の部分だけを集中して溶かすお薬」です。その施術中、むし歯に冒されていない歯の場所には何も被害のない便利な薬です。
在宅医療において歯科衛生士が期待されるのは、一番に患者さんの口腔内を洗浄して清潔にすることです。患者の口の中が汚いままだと、雑菌が繁殖している歯のカスそのものを飲み込んでしまうかもしれません。
 
親知らずを取り払う時、極度な痛みを逃れられないことが原因で、麻酔なしの手術を実行するというのは、患者さんにとっては相当な負荷になることが予想されます。

レーザーによる歯の治療では、ムシ歯そのものをレーザーの照射で消し去り、それ以外にも歯の表面の硬度を向上させ、虫歯菌のついた歯になりにくい状態が可能になります。
 
外科処置を行う口腔外科は、その持ち味として、顎口腔の治療を中心に据えているので、内科的治療やストレス障害等におよぶほど、診る範囲はあらゆる方面で内在するのです。
適用範囲がすごく広い歯のレーザーは、種類も多くて、他に色々な治療を必要とする場面で導入されています。これからは更に可能性が高まるでしょう。
 
歯の表に付いた歯石や歯垢などを取り除くのを、クリーニングと言いますが、それらの歯石や歯垢は、痛い虫歯の誘発事項となるようです。
本来の唾の役割は、口腔内の浄化と細菌の働きを妨げることです。ですが、それだけではないそうです。再び歯を石灰化するためには唾液がどうしても必要なために、分泌される量の増加は外せない箇所です。
 

大人と同じで、子どもの口角炎もいろんな理由が挙げられます。特に目立つ要因は、偏った食事によるものと細菌の作用によるものに大別できます。
節制した生活を心に留めて、唾液によった修繕作業をもっと促進するという点に注目した上で、虫歯への構えということについて考えるのが良いのです。
 
審美歯科では、表面的な綺麗さのみでなしに、歯並びや不正咬合の修整をし、その成果として歯牙本来の機能美を蘇らせることを探っていく治療なのです。
ここのところ歯のホワイトニングを経験する人が増していますが、施術のときに採用する薬剤の反応で、しみるように感じる知覚過敏という病変をもたらす事がありえます。
 
プラークコントロールという文言を聞けば、毎日の歯のブラッシングを思い浮かべる場合が大部分ではないかと予想しますが、実際はそれ以外にも豊富なプラークコントロールの方法があるのです。
 
自宅でホワイトニングするなら歯のヤニ取りも綺麗に落ちる素晴らしい商品もあります。